斉藤工さんが一気にブレイク

主人公の不倫相手を演じる斉藤工さん、いつからかテレビでよく見かけるようになって、
「かっこいいんだけど、なかなか当たり役が来ないせいか、ドーンと売れないなぁ。。。」
と絶対売れそうな雰囲気はあるのに、私が思うほどには不発に終わることが多かったのですが、
今回のドラマで一気に注目が高まった感じで、これをきっかけに大ブレイクの予感です。
最近の俳優さんの中では珍しく、アンニュイかつ色気のある顔立ちの魅力ある人だなぁと思います。
がんばってほしいな。

思わず考えてしまうこと

上戸彩ちゃん主演のドラマで女性に特にウケが良さそうなドラマだと思います。ただ一つふと思うのは、これ実際に不倫をしている人はどう思いながら見ているんだろうかということです。いくら面白くてもおそらく見られない人もいるのではないかという感じがします。
世の中の不倫中の人たちがどのような気持ちで見ているのかなんていうのもちょっと興味があります。ドラマでの不倫のあり方はなんとなく納得できるのですが、世の中の不倫中の人は共感しながら見ているのかななんて気になっています。

一生懸命で真剣な姿を尊敬

何にでも一生懸命な男性にぐっときます。研究者、アスリート、消防士、ゲームセンターで太鼓の達人を極めようとしている人などです。さかなくんのような専門知識に長けている人も好きです。真剣に取り組んでいる姿もいいし、今に至るまでの努力を考えると尊敬します。やはり男性としてだけでなく、一人の人間として尊敬できる人がいいです。どんなことも一生懸命に頑張ればこれだけのことができる、これだけの知識がつくということを証明してくれているところがかっこいいなと思います。

自分の知らないことを知っている人

男を好きになるポイントは自分の知らないことを知っている人です。
自分がしてみたいと感じてることを経験してる人出会ったり、
知らない知識を持っていて、それを教えてくれるような人。
例えば、映画や本が好きで、そのあらすじを面白く話してくれたり、
アクティブな事をしてる人であれば、その体験談を話くれたり。
そんな人だとまず会話がすごく楽しく感じるし、もっとあなたの事を
知りたいと感じてしまう。
興味を持って話を聞いてると、一緒に経験しようなんて言ってくれると、
これから二人で楽しい時間を過ごせるのではないかと想像してしまい
好きになってしまいす。

論理で感情を押さえ込んでほしい

なにかよくわからない気持ちやもやもやする感情について、相談したときに的確に指摘して論理的なアドバイスをしてくれる男性が大好きです。

自分の感情をうまく言葉で表現することができたり、論理的に原因を推測できれば、うまく感情をコントロールしたりストレスをかるくすることができると思うからです。

パッションも必要なことはもちろんありますが、理性的で人間らしい生活をするために必要な思考を与えてくれる、そんな男性をパートナーにしたいと思ってしまいます。

初めてのママ友できました

初めての育児でなかなか友達もできずモヤモヤしていました。人見知りでインドア派な私ですが、このままではいけないと思い、我が娘が1歳になったので児童館デビューしました。ママ友って怖いイメージあるし勇気を振り絞って我が娘と一緒に近所の児童館に。人が多いと嫌かなと思い天気の悪い日に行きました。行くと、一組の母娘。若いお母さんだなと話すと我が娘と、その子の誕生日が全く一緒!運命だと思いました。それで緊張も溶け仲良くお話しました。その日がきっかけで、私は児童館が好きになりイベントなど参加しています。もちろんその親子さんとも仲良しです。どうやら、人見知りでインドアな私の性格を娘は変えてくれそうです。

私の理想に一番近い男性です

私が付き合いたいのは、西島秀俊さんです。
顔がめちゃくちゃかっこいいし、細マッチョの身体はステキだし、
頭が良くて知的そうだし、一流の仕事をするし、とにかくすべてが私の理想です。
低くて、優しい声もいいんですよね。はにかんだような笑顔もいいんですよね。
少しはにかんだ笑顔で、私だけのために、ささやいて欲しいです。
妄想するだけで、にやにやしちゃいます。
彼がお付き合いをしてくれるのだったら、何でもがんばれちゃうのになぁ。

利佳子の旦那さんいそう

利佳子もあんな旦那では不倫してしまう気持ちもわからなくないな。まず、あの喋り方。お金や地位があると妻にもあんな口調で喋るんですよね。いるいる、そういう旦那。子供は家族という本体も飾りで、妻は自分の奴隷としか思ってない旦那。ついつい、観ながら利佳子の応援をしている自分がいるが、子供のことになると「おいて行ってはだめ」と心のなかで怒っている自分が戦っています。これからは、妻に出ていかれた旦那の心境の変化が楽しみなんです。

肉付きがいい男性が好き

男性を好きになるポイント。それは肉付き!
マッチョとかスレンダーな男性を好きなひとが多いかもしれないけれど、わたしの場合はお腹にお肉がついていないとやだ。顔もぷっくりしていないとやだ。
とにかく、好きになるポイントとして肉付きは外せません。
肉付きのいいほうが、安心感や包容力、あとは今で言うゆるキャラ的な癒しや可愛さがあるので、確かに格好いい!とは思いませんが、可愛いくて抱きつきたい衝動にかられます。
お相撲さんまではいきませんが、いわゆるおデブさんが好き。
わたしだけでしょうか、、?笑

素敵な作品との出会い

黒澤明の脚本が3本新たに発見、出会えて最高です。

素敵な作品に出会ったので、黒澤についてちょっと語りたいと思います。

好きな映画は、「赤ひげ」、「椿三十郎」、「七人の侍」、「用心棒」、「隠し砦の三悪人」、「悪い奴ほど良く眠る」、「天国と地獄」、「醜聞」、「羅生門」です。

正直、「赤ひげ」以降の作品は全く別物になってしまった。

画家を目指していただけに色への拘りは尋常でなかったらしいんです。

「椿三十郎」では椿のシーンで椿に色をつけようとしたが、思うように色が出ずに白黒のままにしたようだ。劇中では「赤い椿」と言うが、白黒を考慮して「黒い椿」

を使ったようです。

とにかくすごい監督に出会えて良かったです。